沖縄の場合は気温も高く、肌の露出が多いため需要が多い

日差しも強く暑いので肌の露出も多く、日焼けをしやすい状況と環境が整ってしまっている。しかし、日焼けをしたら脱毛をするのは危険なので、脱毛を始めるのであれば日焼け止めが必須になる。

おすすめに関して記載してしまうと、他のページとの重複になってしまうのでその点は記載をしないようにお願いします。

「これから脱毛を始めたい!」とお考えでしょうか?

しかし、脱毛を始める前に知っておくべき大切なことがあります。それが「日焼け」についてです。

なぜ日焼けについて知っておく必要があるのか…まずは結論だけ先にお伝えします。

それは、

  • 日焼けをすると脱毛ができない。
  • なので、脱毛を考えているなら日焼け対策は必須

ということですね。

特に暖かい沖縄では尚更注意しておく必要がありますよ。

そこで、ここでは沖縄における脱毛と日焼けの関係について詳しくお伝えしていきます。これから脱毛を始めるなら、ぜひチェックしておいて下さいね。

沖縄で脱毛なら特に注意!知っておくべき日焼け事情

沖縄って日本の中でも暖かい地域ですよね。

当たり前のことですが年間を通して気温が高いため、服装も薄着でいる期間が長くなります。つまり、薄着でいる期間が長いということは、それだけ肌が露出している期間が長いということでもあるわけです。

また、沖縄は紫外線が強いことでも有名です。

すでに長く沖縄で生活していると分かりづらいかもしれませんが、本土の方が観光で沖縄に行くと「紫外線が強くて、日焼け具合が凄い…」ということをよく口にしています。

つまり、それだけ沖縄という場所は日焼けをしやすい地域ということです。

ここまでをまとめると…

沖縄は、

  • 暖かい気候。
  • 薄着で肌を露出する期間が長い。
  • 紫外線が強い。
  • 日焼けしやすい

ということが言えます。

そして、ここからが大切です。

実は脱毛というのは日焼けをしてしまっていると、脱毛の施術自体が受けられなくなってしまいます

そのため、日焼けをしやすい地域である沖縄で脱毛を始めていこうと考えているなら、日焼けには十分気をつけなければなりません。

日焼けをするとなぜ脱毛できない?

ところで、なぜ日焼けをすると脱毛が受けられなくなってしまうのでしょうか?

それは、火傷や肌トラブルが起こってしまう可能性が大!のためです。

脱毛の仕組みを確認してみましょう

では、なぜ日焼けをしてしまったお肌は火傷や肌トラブルが起こりやすくなってしまうのかを確認をしてみましょう。

そのためには「脱毛の仕組み」を知る必要があります。

① 脱毛のレーザーはメラニン色素に反応する

そもそも脱毛というのは、毛根にあるメラニン色素に反応し、メラニン色素を破壊することで脱毛をしています。


画像引用:沖縄マリアクリニック公式サイトより

ちなみに、脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛だと毛根の破壊はできません。何故かと言うと、毛根を破壊する行為は医療行為となるため、脱毛サロンでやってしまうと医療行為違反となってしまうからですね。

ですから、脱毛サロンの場合は”毛根にダメージを与える”ことで抑毛していく感じです。(これが脱毛サロンは永久脱毛と呼べない理由でもあります…。)

…とはいえ、大まかな脱毛の仕組みはクリニックのレーザー脱毛も脱毛サロンの光脱毛も基本的な原理は同じです。

ですが、日焼けをしてしまっていると毛根に集まるはずのレーザー光をお肌も吸収してしまうんですね。

何故かと言うと、お肌が日焼けをしているということはメラニン色素を含んでしまっている状態となるからです。

そのため、本来毛根に集中し脱毛効果を発揮するはずが、お肌にも反応してしまい、結果的に火傷や肌トラブルが起こってしまうのです。

② 脱毛効果が落ちることも考えられます

また、お肌にレーザー光が分散してしまうことによって肝心の脱毛効果にも影響しかねません。

というのも、本来毛根にのみ反応するレーザー光が、お肌の方にも分散してしまっているということを考えていただければお分かり頂けると思いますが、レーザー光が分散してしまうということは、毛根に届くレーザー光のパワーが弱くなってしまうということですよね。

そのため、運良くお肌に火傷や肌トラブルが起こらなかったとしても、脱毛効果が落ちてしまうことが考えられます。

また、もし日焼けが疑われるお肌の場合、施術をするスタッフさんはパワーを落として照射をしていきます。

これは火傷や肌トラブルを避けることを優先するためですね。ですが、当然パワーを落とせば、その分脱毛効果も落ちてしまいます。

このように日焼けをしてしまっているお肌に、もし、仮に照射ができたとしてもいいことは一つもありません。

③ 痛みが強くなります

さらには、もし日焼け肌で照射したことを考えると、確実に痛みの感じ方も強く痛みを感じることになります。

理由は、先程も言ったようにお肌がメラニン色素を含んでいる状態でレーザー光を当てますので、お肌にレーザー光が反応してしまうからですね。

このように脱毛施術をすることを考えると、日焼けをしてしまうということは、施術をするクリニック(またはサロン)側からしても、あなた自身にしても、一つも良いことがありません

脱毛をしたいなら日焼け対策は必須

「日焼けをしてしまうと脱毛できません!」とスタッフさんが強く言う利用がお分かり頂けましたでしょうか?

繰り返しになりますが、日焼けをしてしまうとあなたにとっても施術を担当するスタッフさんにとっても良いことがありません。

ですから、大切なのは万全な日焼け対策をし、なるべく日焼けをしないことです。

色々なアイテムがありますが…

もちろん、あなたも普段から日焼け対策には気を使っているかと思います。特に最近では日焼け対策のアイテムも様々なものがありますよね。

例えば、このようなものが考えられるのではないでしょうか。

  • 日焼け止めクリーム
  • 日傘
  • アームカバー
  • サンバイザー
  • UVパーカー(ラッシュガードなど)
  • 飲む日焼け止めサプリ

まだまだ他にも色々なアイテムが考えられるかと思いますが、まずはこのようなものを使って、脱毛期間中は普段以上にしっかりと日焼け対策をしていくことが大切です。

なるべくイベント参加など外出は控える

上記でも挙げたように日焼け対策をするためのアイテムは色々とありますが、1番良いのはとにかく紫外線に当たらないように心がけることです。

つまり、不要な外出は控えるということですね。

特に夏場は(夏場だけではありませんが)野外のイベントが盛り沢山です。

友達や彼氏と出掛けたい気持ちはよくわかりますが、脱毛施術をすることを考えると、野外イベントは避けるべきです。

  • 「無理して出掛けて日焼けをしてしまい、脱毛が受けられなくなってしまうのがいいのか…」
  • 「グッと我慢して脱毛施術をすることを優先させることを選ぶのか…」

あなた次第にはなりますが、脱毛のことを考えれば脱毛施術中はなるべく野外イベントや不要な外出を避けることが日焼けをしない1番の対策です。

もし日焼けをしてしまったらその後はどうなる?

ここまでお伝えしてきたように、基本的に日焼けをしてしまったら脱毛が受けられなくなってしまいます。

では、施術が受けられなくなってしまったら、その後はどうなるのでしょうか?

ここで一つ例を挙げて考えてみましょう。

例えば、全身脱毛コースの5回プランを契約していたとします。

ちなみに、1回目の施術を受け、2回目の施術を受けるまでは2〜3ヶ月あけるのが一般的です。(理由は毛周期に合わせて脱毛をすることが効果的なためです。)

そして、1回目の脱毛後、2回目を受けるまでの間に日焼けをしてしまったとしましょう。

この場合、2回目の施術は先程から言っているように受けられない可能性が大!…となってしまいます。

「問題は残りの契約がどうなるのか?」…ですよね。

結論を言うと、日焼けが落ち着くまで施術が受けられなくなってしまい、日焼けが落ち着いたら2回目以降の施術を再開することができる感じになります。

日焼けをすると、このようになってしまいます。

日焼けをしてしまったら、その後全く脱毛が続けられない…というわけではありませんが、一定期間日焼けが落ち着くまで期間を開けなければならないため、脱毛が進められません。

つまり、あなたが望むツルツルスベスベのお肌になるのが、どんどん遅くなってしまっていくということですね。

クリニック・サロンによっては契約期間が決まっていることも

「日焼けをしてしまっても脱毛が続けられるなら、多少長くかかっちゃってもしょうがないよね」と考えているかもしれません。

ですが、注意しておかなければならない点もありますよ。

どこに気をつけておくかと言うと、クリニックや脱毛サロンによっては「契約期間が決まっている」ということです。

どういうことか説明していきますね。

例えば、クリニックで全身脱毛5回コースを契約したとしましょう。

先程もお伝えしたように一般的には2〜3ヶ月おきに施術を受けていきますので、5回の施術を受けるとなると12ヶ月〜15ヶ月ほどかかることになります。

ですが、クリニックや脱毛サロンによっては契約期間が「24ヶ月です。」というように決まっていることがあるんですね。

つまり、わかりやすくいうと「24ヶ月の間に5回の施術を受けて下さいね〜」ということです。

そして、日焼けをしてしまった場合は?…ということが問題です。

先程もお伝えしたように日焼けをしてしまった場合には、日焼けが落ち着くまで一定期間、間隔をあけなければなりません。

つまり、最悪契約期間内に契約した回数が消化できない…ということが考えられます。

実際にクリニックや脱毛サロンによっては契約期間が極端に短いところがありますよ。(例えば、2ヶ月おきに通い10ヶ月で5回が基本。なのに契約期間は12ヶ月…と言った具合のところがあります。)

このようなところで契約をしてしまっている場合、日焼けで一定期間施術を受けられなくなってしまうと、最悪契約した回数の5回を全て受けきれなくなってしまう…ということです。

  • クリニックやサロンによっては「契約期間」が決まっている。
  • 日焼けをしてしまうと日焼けが落ち着くまで施術が受けられない。
  • 最悪契約期間内に契約した回数が受けきれないかもしれない

日焼け肌でも脱毛可能な脱毛機器はありますが…

ここまで何度もお伝えしてきたように、日焼けをしてしまうと基本的には脱毛は受けられない(一定期間間を開ければ再開できる)と思っておくべきです。

但し、”次世代型脱毛機器”と言われる脱毛機器であれば脱毛できる可能性があります

次世代型脱毛機器とは、クリニックの脱毛機器でいうと「メディオスターネクストプロ」という脱毛機器や「ソプラノアイスプラチナム」という脱毛機器が該当しますが、これらの脱毛機器は従来の脱毛機器とは全く新しい理論に基づいて脱毛を進めていくため、日焼け肌でも対応できるケースがあるんですね。

また、次世代型の「メディオスターネクストプロ」や「ソプラノアイスプラチナム」は痛みが少ないとも言われています。

…とはいえ、日焼けの具合によっては次世代型脱毛機器でも施術が受けられないことがあります。

このあたりは医師の判断によるところもありますが、どんな状態でも絶対に日焼け肌でも受けられるわけではない…ということは覚えておいて下さい。

もし、これから脱毛を始める上でどうしても日焼けのことが不安…ということであれば、このような脱毛機器を導入しているクリニックを検討してみるのも一つの方法です。

次世代型脱毛機器は長期的なエビデンスが微妙…

「日焼け肌でもある程度は対応できて痛みも少ないなら、次世代型脱毛機器を選んだほうが絶対にいいでしょ」…と思ったかもしれません。

ですが、次世代型脱毛機器にもデメリットがないわけではありません。

例えば、長期的な※エビデンスに関しては現時点では微妙です。

※エビデンス…科学的根拠のこと。

…というのも、次世代型脱毛機器が登場してきたのはここ数年の話になります。そのため、長期的に考えると本当に永久脱毛効果があるのかわからない…ということです。

簡単に言えば、登場してきてから数年しか経っていないため、10年後…、20年後…にならないと本当に永久脱毛効果があるのかないのか、現時点ではわからない…ということですね。

もちろん、理論上は永久脱毛が可能と言われていますが、実際に歴史が浅いため現状判判断ができません。

一方で従来からある脱毛機器は、古い機種だと数十年前から使われていますので、長期的に見ても実績が残っているわけです。

日焼け肌でも対応できたり、痛みが少ないなど良いところが多い次世代型脱毛機器ですが、このあたりをよく考えていくことも大切ですね。

まとめ

脱毛を始めていくのなら日焼けは厳禁ということがお分かり頂けましたでしょうか?

もちろん、日焼けの程度によっては次世代型脱毛機器などを利用することによって脱毛を受けられるケースもありますが、基本的には脱毛施術を受ける際には日焼け対策をしっかりとし、日焼けをしないように心がけることが大切です。

最後にもう一度今回お伝えしてきたことをまとめておきますね。

  • 沖縄で脱毛を始めるなら知っておくべきこと
    • 日焼けをすると脱毛が受けられなくなってしまう可能性が高い。
    • 特に沖縄は気候が温暖なため肌を露出することが多いため日焼けをしやすい。
  • 日焼けをするとなぜ脱毛できない?
    • 火傷や肌トラブルのリスクが高くなってしまうため。
    • 痛みが強く出やすくなってしまうため。
    • 何より脱毛効果が落ちる可能性があるため。
  • 脱毛を始めるなら日焼け対策は必須です。
    • なるべく不要な外出は避けるようにしましょう。
    • 肌の露出を控えるならいつも以上に日焼け対策には気を配りましょう。
  • それでも日焼けをしてしまったら?
    • 日焼けが落ち着くまで一定期間脱毛が受けられなくなってしまいます。
    • その分あなたが目指すツルすべ肌になるのが遅くなってしまいます。
  • 日焼け肌でも対応できる脱毛機器もありますが…
    • 日焼け具合によっては脱毛できません。
    • また、長期的なエビデンスがないため現状はやや不安もあります。